Story

大人になったミリー(トニ・コレット)は、刺激的な毎日を送っていた。_
誰もが振り返る最先端のファッションに身を包み、バンドボーイのキット(ドミニク・クーパー)と付き合っている。ジェス(ドリュー・バリモア)の方はいたって堅実な女性に成長したが、ふたりの友情だけは何ひとつ変わらなかった。
そんななか、ミリーの妊娠が発覚、破天荒だった恋人たちはあっさりと結婚し、キットは家庭的な男に変身する。
スピーカーの販売会社“サウンズ音響社”を立ち上げ、ミリーは広報部長として手腕を発揮、成功したふたりはステキな一軒家を手に入れる。
二人目の子どもにも恵まれ、何もかもが順調だった。
役所で働くジェスは、環境保護活動で出会った整備士のジェイゴ(パディ・コンシダイン)と暮らし始める。ボートハウスでの生活は、優しくてユーモアのセンスもあるパートナーの愛に包まれて、ジェスは幸せだった。ただひとつ、子どもができないことだけを悩んでいた。

ところがある日、ミリーに乳がんが見つかるという、想像もしなかった運命にみまわれる。
子どもたちに苦しむ姿を見せたくないと明るく振る舞うミリーを、同じ気持ちで明るく支えるジェス。
化学療法で髪が抜けてしまった時は、いつもケンカばかりしているTV女優の母ミランダ(ジャクリーン・ビセット)が、映画撮影用のオシャレなウィッグを用意してくれたりと、辛い日々ながらも笑顔で治療を続けていた。
周囲の協力で何とか治療を乗り越えたミリーだったが、医師から両胸の切除手術を提案されて心の糸が切れてしまう。

ちょうどその頃、ジェスの方はジェイゴと喜びを分かちあっていた。
不妊治療の末、ついに子どもを授かったのだ。ジェスはミリーに伝えたいと思うが、彼女のことを思うと、どうしても打ち明けられない。ふたりの間に初めて秘密が出来てしまう。
手術を終えたミリーは自分に自信をなくしてしまう。

そして、誕生日の夜、お祝い会の店を突然飛び出したミリーは、追いかけてきたジェスとタクシーに飛び込む。
少女の頃から憧れていた「嵐が丘」の舞台へと繰り出そうと持ち掛けるミリー。
400キロ先のヨークシャーの荒地へ向かうという、10代の頃のような無謀な行動に、ジェスの心も浮き立っていく。
久しぶりに最高に楽しい夜を過ごすふたり。このまま楽しい時間が続くはずだったのだが──。